記事一覧

名建協と名古屋市立工芸高等学校との連携協定締結後、初の成果

 名古屋市立工芸高等学校による東山動植物園内園路整備工事に対する私たち名建協の支援活動が終了しました。

 名建協では、昨年12月に名古屋市立工芸高等学校と連携協定を結び、同校の生徒さんが東山動植物園内で行う園路整備工事の技術支援を行って参りましたが、このほど無事完成しました。

 今年8月の既設舗装の撤去に始まり、歩車道境界ブロックの据え付け、舗装復旧、最後の張芝、中木植栽まで全工程にわたり、ほぼ先生と生徒さんで行っていただきました。

ファイル 194-1.jpg
植栽作業など未施工段階の現場の様子

ファイル 194-2.jpg
工事完了後の現場の様子

ファイル 194-3.jpg
市工芸の生徒さん達による植栽活動

ファイル 194-4.jpg
名建協側の指導を受けながら張芝活動


 去る10月8日にすべての工事が完成し、東山公園から工芸高校に対する感謝状の授与式が行われ、式典終了後、今回の活動を記念し、東山総合公園水谷総合公園長、工芸高校石原校長、及び名建協高山会長らによる植樹(ハナミズキ)が行われました。

ファイル 194-5.jpg
東山総合公園から市工芸へ感謝状授与

*
名建協高山会長らによる記念植樹

 工芸高校の皆さんにとって得難い経験の場となれば幸いです。まことにお疲れさまでした。