記事一覧

「広報委員からの投稿」を更新しました。

都市農業活動で地域の子ども会と交流しました
 5月26日、名建協の地域貢献活動の一環である「市民農園研究会」が名古屋市天白農業センター内で運営する農地で「サツマイモ苗付けイベント」を開催しました。
 快晴のこの日、地元の5つの子ども会の親子150人余りが参加し、日頃から農地を管理する20人の「野良サポーター」の指導を受けてサツマイモの苗付け体験に汗を流しました。
 参加した子ども達は口々に「最初は難しかったが、分かりやすく教えてもらって楽しくできた。秋の収穫と焼き芋づくりのイベントが楽しみです」と話していました。
ファイル 190-1.jpg

ファイル 190-2.jpg

ファイル 190-3.jpg

ファイル 190-4.jpg
 「野良サポーター」の坂野リーダーは「この先、除草や水やりなどを行なって、秋には子どもたちに喜んでもらえるサツマイモに育てます」と笑顔で語りました。農業センター関係者からは「名建協の皆さんによって市民農園が維持管理され、地元の皆さんに活用してもらっていることに感謝しています。参加した皆さんにはこの機会に天白農業センターに訪れていただければと願っています。」と嬉しいひと言をいただきました。

第42回定時総会を開催しました
 2019年5月28日午後、名古屋・上前津の「ローズコートホテル」で第42回一般社団法人名古屋建設業協会定期総会が開催されました。総会では前年度の事業報告等に続いて今年度予算など全ての議案が賛成多数で承認されました。
 続く懇親会では高山名建協会長の歓迎の挨拶を皮切りに、伊藤副市長はじめ市役所幹部の皆さん、市会各党代表の先生方など多彩な招待客と会員とが今後の連携を約して賑やかに交流しました。
ファイル 190-5.jpg

*

*

*
名古屋市と「がれき処理協定」を締結しました
 7月25日、名建協は名古屋市との間で「災害時におけるがれき処理に関する協定」を締結しました。
 名建協の高山会長と河村名古屋市長が同席した調印式の席上、市長は「市内各所に点在する名建協会員会社は災害発生時に市民の安全確保について細かいフォローが可能だ」と大きな期待を寄せました。

環境デーなごや2019にブース出展します
 毎年恒例の国内最大級の環境イベント「環境デーなごや」が今年も9月14日に名古屋・栄「久屋大通公園」一帯で開催されます。
名建協では企画委員会有志がブース出展して市民の皆さんと交流します。ブース位置は「エディオン久屋広場」東側列のブース番号58番です。
皆さん、どうぞお立ち寄りください!(後日、開催報告も掲載します)

にじゅうまる宣言に登録しました

名建協の環境委員会では2015年から名古屋市内の山崎川河川敷に大量繁殖している特定外来種「オオキンケイギク」を、市民と連携して駆除しています。名建協は環境ボランティアメンバー150名が、一般市民の立ち入り困難で危険な急斜面エリアを中心に担当しています。特に2017年から「根掘りガマ」を使用することにより、根ごと抜取りができるようになり、抜き取り後の再生率も低下して来たようで、繁殖数が活動当初よりも半分以下に減ってきました。環境ボランティアメンバーの努力の賜物です。
この活動は外来種駆除と生態系サービス推進の意義があり、2010年に名古屋で開催された生物多様性国際会議COP10で採決された「愛知目標」達成に貢献するものとして、自然保護協会のにじゅうまるプロジェクトに宣言文を応募したところ、登録してもらえました。

にじゅうまる宣言ホームページ

これからも名建協は生物多様性の保全に貢献します。

ファイル 183-1.jpg
※画像をクリックすると登録証[PDF]が開きます。

[名建協環境委員・加藤建設株式会社 野中賢輔]

今年も「環境デーなごや」にブース出展しました

9月15日、小雨の中で「環境デーなごや2018」が開催されました。

名建協は長年にわたる名古屋市との協力関係の一環として、今年も「環境デーなごや」にブース出展しました。


ファイル 173-1.jpg
会場風景

この催しは企業・NPO・学校・行政が名古屋市都心の「久屋大通り公園」を会場に、様々な環境技術や実践活動などを発信する大規模なエコイベントです。

今年の名建協ブースでは「カーボンオフセット」をテーマにして、来場者に岐阜県加子母の間伐ヒノキ材でつくった「湯玉」を使ってキーホルダーを完成させる活動を行いました。


ファイル 173-2.jpg
名建協ブースのプレート

ファイル 173-3.jpg
湯玉の紹介

私たち都会に暮らす人たちが排出するCO2と加子母の木材が吸収してくれるCO2とを置き換えるイメージを、ブースを訪れた人たちが自ら小さな湯玉に着彩することを通じて感じ取ってもらえたら…

そんな願いを込めて協会スタッフは終日笑顔で対応していました。


ファイル 173-4.jpg
湯玉の活動風景

協会設立40周年記念行事開催のお礼と報告[2]

○ブース交流

 日頃から名建協が大変お世話になっている名古屋市各局や公益団体・NPO法人の皆さんと、長年交流を続ける岐阜県中津川の「七ッ平」や「加子母」の皆さん、そして未来を担う名古屋市立工芸高等学校の皆さん、加えて名建協の防災・環境委員会などによる多彩なブースが活発に来場者と交流しました。出展していただいた皆さん、まことにありがとうございました!

ファイル 161-1.jpg

ファイル 161-2.jpg

ファイル 161-3.jpg

○グランドフィナーレ

 午後3時過ぎから行なわれたグランドフィナーレには、名古屋から世界に羽ばたくアイドルユニット「dela」の元気なステージと市内港区の富士文化幼稚園児50名余りによる可愛いい演奏と合唱が繰り広げられ、最後に両者のコラボに続いて大会実行委員有志もステージに上がり、会場と一体となった盛大なフィナーレとなりました。

ファイル 161-4.jpg

ファイル 161-5.jpg


当日は台風18号の襲来を控えて終日雨模様でしたが、屋根のある半屋外の会場という性格も幸いして多くの来場者で大いに賑わい、協会関係者一同、大きな安堵感と達成感が共有できました。
開催に当たってはご協力いただいた名古屋市、「環境デーなごや」実行委員会、東海ラジオ放送株式会社の皆さんはじめ関係各位に大変お世話になりました。甚だ略儀で申し訳ありませんが、改めて心から感謝申し上げます。

そしてご来場いただいた多くの皆さん、日頃からのご支援と合わせて深く感謝申し上げます。

ページ移動