記事一覧

名建協主催「なごや環境大学第1回共育講座」を実施しました

名建協では今年度で12年連続で「なごや環境大学共育講座」を企画・開催しています。その今年度第1回講座を5月21日午後に実施しました。
「なごやの建設屋さんと環境の現場を訪ねよう!」と題した連続講座の初回となる今回は、「中部電力川越火力発電所と川越電力館テラ46」の施設見学を会員会社の東海建設が中心となって企画・運営しました。
この日は親子連れなど26名の市民受講生とスタッフを乗せたバスで名建協前を出発、火力発電所の見学に加えて東海建設が施設内で施工中の現場も合わせて見学しました。参加された市民のお一人からは「名建協の講座には毎年参加しています。内容が充実している上、運営が行き届いていますから今年も全部参加します」という嬉しい言葉をいただきました。名建協では引き続き第2回講座を6月25日(土)13時30分から、会員会社の岩間造園の担当により「中村公園の緑を満喫しよう!」と題して実施します。
市民の皆さんに加えて会員企業関係者の参加も歓迎します。どうぞご参加ください。

ファイル 122-1.jpg


[報告:名建協広報委員・山田厚志]

「なごや環境大学」共育講座の受付け開始します!

毎年好評を博している名建協による「なごや環境大学」共育講座、本年4月から連続12年目がスタートします。

今回は「なごやの建設屋さんと環境の現場を訪ねよう!〜明日のまちづくり、一緒に夢を語りましょう〜」と題して、普段入ることがない最新の建設現場の裏側、そして流域交流の一環としての岐阜県加子母・中津川へのバスツアーなど盛り沢山な内容であなたをお待ちしています。

お申し込みは下記の画像をクリックして、
詳細ページをご覧ください。
右下に「受講申込みメールフォーム」がありますので
必要事項を記入の上そちらからお申し込みください。

ファイル 114-1.jpg

各回の詳細な内容はそれぞれ講座開催1週間前までに受講申し込みいただいた皆さんに電話・FAX等でお知らせしますので、あらかじめご了承ください。

講座には各回ごとにご参加いただけますが、できれば連続して受講いただければ嬉しいです。なお、第4回講座「夏の加子母体験バスツアー」は例年いち早く定員になってしまいますのでご注意ください。定員到達次第、募集を締め切ります。


受講申し込みはメールフォーム以外に電話・FAXでも結構です。
申し込みの際には、「代表者氏名・受講人数・電話・FAXまたはメールアドレス・申し込み講座名」をお知らせください。

なごや環境大学共育講座 第3回講座を実施しました

平成27年7月25日、(一社)名古屋建設業協会主催の「なごや環境大学第3回共育講座」を開催しました。
「なごやの建設屋さんを訪ねよう」をテーマに25名の市民の方々に参加申し込みを頂きました。第3回目の今回は、ゴミ焼却後に生成される「溶融スラグ」がアスファルト舗装材に再利用されるまでを学びました。
夏真の太陽が照りつける中、参加者は名古屋建設業協会を出発して、マイクロバスで鳴海クリーンシステムへ。鳴海クリーンシステムの紹介DVD鑑賞後、羽島所長のシステム説明、そしてシステム内を見学しました。見学後の質疑応答では、溶融スラグについてその生成過程および性状が環境に与える影響などの、環境大学ならではの質問が出ました。

ファイル 86-1.jpg
羽島所長からの施設説明

ファイル 86-2.jpg
施設見学

その後、参加者は溶融スラグをアスファルト舗装材に再利用する「大江合材センター」へ移動。高橋工場長同席の中、アスファルト合材の種類、性能等を座学で学んだ後、工場内を見学。工場が操業中であったのでアスファルト合材が、ダンプトラックへ積み込まれる様も見学出来て大満足の様子でした。以上、二つの施設の見学を終え、帰路は主要駅で参加者が順次マイクロバスを下車して第3回講座は終了となりました。

ファイル 86-3.jpg
担当者からの施設説明

ファイル 86-4.jpg
施設見学

マイクロバス車内では参加された小学生の兄妹から「これで夏休みの自由研究の題材が出来ました。まとめるのは大変そうですけれど。」との声をいただきました。始まったばかりの夏休みながら宿題について話す時の兄妹の、少し憂鬱そうな表情が印象に残りましたが、それだけ充実した講座となったものと自負しています。

報告:企画委員・杉本憲昭

名建協主催 平成27年度第2回なごや環境大学共育講座を開催しました

 名建協会員有志が企画・運営する「なごや環境大学共育講座」は、今年で11年連続開講の人気講座です。その今年度第2回目の講座が6月20日(土)に開催されました。
 幸いにも梅雨の合間の晴天となったこの日、名建協前に集まった市民の皆さん27名を乗せ、マイクロバスで最初の目的地、東海市をめざしました。

ファイル 83-1.jpg

ファイル 83-2.jpg

 今回の講座では、建築解体現場などから発生する石膏ボードのリサイクル工事として全国最大規模を誇る「グリーンアローズ中部(GAC)」と、そのリサイクル過程で発生する石膏粉を原料として地盤改良材を製造する名古屋市港区内の「GAC名南工場」を見学しました。いずれの施設も名建協会員の株式会社ダイワさんが業務を委託されています。

 参加した皆さんは、マイクロバスでの道中でダイワの斎藤部長さんから施設の概要や事業の意義などの分かりやすい解説を受け、それぞれの施設では実際に最前線のリサイクル技術を目の当たりにして、熱心に質問を投げかけていました。

ファイル 83-3.jpg

ファイル 83-4.jpg

 親子連れで参加された方も多く、子ども達は施設内の機械の動きに目を輝かせ、軟弱地盤を改良する実験を興味深々の様子で学んでいました。

ファイル 83-5.jpg

*

 従来、建設業は市民の皆さんに開発イメージを強く与えてきましたが、こうした機会に環境保全や再資源化に配慮する今日の建設業の姿を体感していただければと願っています。

 大好評の名建協の共育講座、第3回は7月25日(土)午後に開催されます。
詳しくは名建協HPのトピックス欄をご覧ください。