記事一覧

名古屋市農業センターで「いも掘り大会」を開催しました

平成28年11月20日午前、気持ち良く晴れ上がった休日の空の下、名建協主催による「いも掘り大会」を開催しました。
ファイル 139-1.jpg

会場は名建協市民農園研究会が維持管理を任されている名古屋市天白区の「名古屋農業センター」内の農地で、この日、地元の3つの子ども会の親子100人余りが今春に植えたサツマイモの収穫体験を楽しみました。
子ども達の指導には名建協会員有志と長年この畑の維持管理と野菜作りを実践する「野良サポーター」と呼ばれる市民20名ほどの皆さんが協働で当たり、手際のよい運営ぶりに保護者から感謝の声が相次ぎました。
イベントの最後にこの日の朝から野良サポーターが準備した焼きイモが全員に振る舞われ、子ども達は秋の味覚を存分に楽しみました。
ファイル 139-2.jpg

名建協では今後も名古屋市農業センターの運営に協力して、食と農に関する各種行事を開催していく方針です。

環境シンポジウム「いのちつながる街づくり、担い手づくり」を開催しました

平成28年11月18日午後、名古屋市公館で愛知県建設業協会・名古屋市ほかとの共催による環境シンポジムを開催しました。
ファイル 138-1.jpg

この日、会場には市民・学生・行政・業界関係者ら約140名が集まりました。最初にタレントでフェアトレードショップも経営する原田さとみさんが登場、昨夏に名古屋市が「フェアトレードタウン」に認定された経緯や意義、そしてこれからの展望などをミニファッションショーを交えて語ってくれました。
「様々な主体が取り組むエコアクションを紹介し合う」と銘打った今回の催事は、このあと名古屋市、なごや環境大学、建設業界、そして最後に未来の街づくりを担う幼稚園児たちの生き物観察の発表と合唱披露で大いに盛り上がって散会となりました。
ファイル 138-2.jpg

名建協ではこれからも多くのステークホルダーと連携して、こうした発信活動に積極的に取り組んでいきます。

名古屋城来訪者おもてなし清掃活動に参加しました

5月21日午前、伊勢志摩サミット開催に合わせて名古屋城を訪れる国内外の人々を迎えるための「おもてなし清掃活動」に会員有志約50名が参加しました。
この活動は「まちを美しくする会」や名古屋市の東・西・北・中の各土木事務所ほかと協働して行ったもので、名建協有志会員は4班に分かれて久屋大通公園一帯と名古屋城外堀周辺を熱心に清掃しました。
汗ばむような陽気の下で活動に参加した有志会員から「外堀周辺には思った以上にゴミが捨てられていた」「これで外国からの来訪者にも気持ち良く観光してもらえる」「すがすがしい気持ち」といった声が多数聞かれました。名建協では自主的な活動に加えて、今後も行政や関係諸団体に協力して各種貢献活動に取り組んでいきます。

ファイル 121-1.jpg

ファイル 121-2.jpg


[報告:名建協広報委員・山田厚志]

「子ども防災デイキャンプ」の活動に協力しました

大型連休中の5月7日午前、名建協会員有志は名古屋市港区の「農業文化園・戸田川緑地」で開催された「子ども防災デイキャンプ」の活動に協力しました。
この催しは市内各区の防災団体が組織する「なごや防災ボラネット」ほかが主催、名建協のほか愛知県建設業協会、名古屋市港土木事務所などが協力して実施されました。
当日は親子約120名が参加して豪雨災害や大地震に備えて家庭や地域の自助力を高めるためのさまざまな活動に取り組み、このうち名建協会員有志は主に災害時に活躍する建設車両の展示コーナーの運営や土のう作りの指導、会員会社の山昇建設が提供した仮設材「ブラロード」を使った津波避難ゲームの活動などに協力しました。
参加した子どもたちからは「建設の車に触ったり乗ることができて嬉しかった」「土のうのつくり方や役割が分かった」「自分の命は自分で守る」などの声が聞かれました。
地域の安心・安全を守ることは私たち名建協会員会社の本業であると同時に大切な貢献活動でもあります。これからも機会あるごとに各種防災貢献に取り組んでいきます。

ファイル 120-1.jpg

ファイル 120-2.jpg


[報告:名建協広報委員・山田厚志]