記事一覧

「親子芋掘りイベント」を開催しました!

名建協の委員会活動のうち主に市民との積極的な交流を通して地元建設業者の存在意義を高める活動を担う企画委員会(近藤正委員長)は、10月23日(日)に名古屋市天白区内「名古屋農業センター」にある実験農園で「芋掘りイベント」を開催しました。
この催しは農業センターとの共催で、地域の「平針学区子ども会連合会」の親子約150名を招いて開催しました。

ファイル 229-1.jpgファイル 229-2.jpg
「緑と農作物の恵み溢れる名古屋農業センターと実験農園」

秋晴れに恵まれたこの日、今年に苗植えしたサツマイモ「紅はるか」を名建協と共に農園を運営する市民ボランティア「野良サポーター」の皆さん20名が収穫の指導に当ってくださいました。「野良サポーター」の皆さんは現在、総勢33名。土井(つちい)リーダーと農業指導の坂野さんを中心として自発的に農園の維持・運営に協力していただいています。これも10年余りにわたって農園活動に取り組んできた企画委員会の大きな成果だと思っています。

ファイル 229-3.jpgファイル 229-4.jpg
「農園運営に交流活動に大活躍の野良サポーターさん達」

農園には、時折り「あったあった!」「大きいよ!」といった明るい声が飛び交って、引率した大人たちも笑顔で子どもたちの奮闘に声をかけていました。
子どもたちは慣れないスコップを片手に懸命に土を掘って、大きく育ったサツマイモの収穫を楽しんでいました。

ファイル 229-5.jpg
*
「よろこびながら収穫に没頭する子ども達」

最後に野良サポーターの土井リーダーの「皆さん、どうでしたか~?」の問いかけに、子どもたちは一斉に「たくさん収穫できた~」と元気に答えていました。
名建協企画委員会の近藤正委員長は、「約10年間の活動を経て、今では野良サポーターの皆さんや農業センターさんとの強固な信頼関係が出来上がって、地域との交流イベントもこうして盛大に開催できています。建設業協会によるこうした都市農業活動は全国的にも珍しいのではないでしょうか」と、その意義を語ってくれました。

1970年代のヴィンテージ感を再現。 ブランパン フィフティ ファゾムス ディープダイバー 70's ウォッチ。

ファイル 219-1.jpgファイル 219-2.jpgファイル 219-3.jpgファイル 219-4.jpg

1970年代のヴィンテージ感を再現。 ブランパン フィフティ ファゾムス ディープダイバー 70's ウォッチ。

1952年、当時のブランパン社長ジャン-ジャック・フィエヒターは、フランス海軍のエリート潜水部隊「ナジャール・ドゥ・コンバット」から、深海での任務を遂行できる時計の製作を依頼され、ブランパン初の「フィフティ・ファゾムス」を製作しました。 その後、ブランパン フィフティ ファゾムスは絶えず改良、拡張され、ブランドの非常に重要で象徴的なコレクションのひとつとなりました。 ブランドスーパーコピーこのブランパン フィフティ ファゾムス ディープ ダイバー 70s デイト&デイは、1970年代の歴史的なブランパンの時計の外観を取り入れ、非常にレトロな印象を与えています。 ここでは、その様子をご紹介します。 (モデル:5052-1110-63A)


ブランパン フィフティ ファゾムス コレクションの発表から3年後の1956年、「ディープ サブマリナー バチスカーフ」が発表され、その後1970年代にもブランパンは「ディープ サブマリナー バチスカーフ」の開発を続け、完全な美学に裏打ちされたいくつかのダイバーズ・ウォッチを発表しています。 文字盤は放射状にレイアウトされています。 ブランパン フィフティ ファゾムス ディープダイバー 70s デイト&デイ」は、この歴史的モデルのクラシックなデザインを踏襲しながら、現代の時計製造技術を取り入れ、レトロでありながらスタイリッシュな手首を演出するタイムピースとなっています。


動作中の時計

ケースはサテン仕上げのスチール製で、セラミック製の逆回転防止ベゼルとリキッドメタル入りインデックスが洗練された雰囲気を醸し出しています。


サイドのリュウズにはブランパンのクラシックなロゴが刻まれ、その周囲には滑り止めのテクスチャーが施され、着用者の操作性を高めています。


この時計を引き立てるのは、繊細で微妙なグラデーションのグレーダイヤルです。ダークなエッジと、外側から中心に向かって徐々に明るくなるカラーは、ダイヤルをより大きく、より見やすく見せています。 文字盤は、長方形のアワーマーカー、5分間隔のアラビア数字など、Leeモデルのクラシックなデザインを踏襲しています。アワーマーカーと針には夜光塗料が塗布されており、あらゆる光の状況下で容易に時間を確認できます。また、3時位置に日付・曜日表示窓を備えています。


ヴィンテージ風のレザーストラップは、この時計にもう一つの華を添え、1970年代のアイコンのようなクラシックな魅力を醸し出しています。


ムーブメントは自動巻きキャリバー1315DDで、そのシースルーケースバックからはムーブメントの美しさを垣間見ることができます。 ムーブメントの18Kゴールド製ローターには、エングレービングとサンドブラストによるレリーフが施され、120時間のパワーリザーブを備えています。


https://www.aimaye.com/ スーパーコピーブランド
https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-1.html ロレックススーパーコピー
https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-3.html ウブロスーパーコピー
https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-2.html オメガスーパーコピー
https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-4.html パネライスーパーコピー
https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-11.html ガガ・ミラノスーパーコピー
https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-5.html ジェイコブスーパーコピー
https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-6.html シャネル時計スーパーコピー
https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-7.html セイコースーパーコピー
https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-8.html コルムスーパーコピー
https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-9.html エルメス時計スーパーコピー
https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-10.html ブレゲスーパーコピー
https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-12.html フランク・ミュラースーパーコピー
https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-13.html ブライトリングスーパーコピー
https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-14.html ベル&ロススーパーコピー
https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-15.html IWCスーパーコピー
https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-16.html オーデマ・ピゲスーパーコピー
https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-17.html チュードルスーパーコピー
https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-18.html ブルガリスーパーコピー
https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-19.html カルティエスーパーコピー
https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-20.html グラハムスーパーコピー


結論:レトロなスタイルを持つこのブランパン「フィフティ ファゾムス ディープ ダイバー 70s デイト&デイ」は、1970年代のクラシックモデルを再現し、その時計時代の栄光の日々を表現しています。

またもやポップな虹の輪が誕生?

ファイル 207-1.png

またもやポップな虹の輪が誕生?

近年、虹色に輝く時計は、そのファッション性の高さから、トレンドセッターの間で非常に人気があります。 中でも、スイスの時計ブランド「ZENITH」が2018年に発売した「DefyElPrimero21Rainbow Limited Edition」は、ウブロスーパーコピー着払い 口コミ発売中に「入手困難」状態になるなど、時計愛好家の間で好評を博している。

今年10月、ゼニスは2つの新しい「DefyClassicRainbow」限定モデルを発表しました。 文字盤はDEFYコレクションの特徴であるスケルトンデザインを継承し、ゼニス独自の未来的な機械的魅力を備えています。ケースサイズは、チタンとカラーストーン付きのブラックセラミックの両方がありますが、新しいゼニス レインボーは直径41mmに縮小され、ミニマルなデザインで、より完璧な「ユニセックス」となっています。 ユニセックス」なレインボーリングウォッチ。 それでは、この新しいレインボーリングの詳細を見ていきましょう。 (モデル:32.9003.670/86.R588)


動作中の時計

ゼニス デフィー クラシック レインボー リミテッドエディション


傷の付きにくいミッドナイトブラックのセラミック製と、軽量で堅牢なチタン製の2モデルがあります。 この2つのモデルは、時計職人の好みやスタイルに合わせて、それぞれ異なる素材を使用しています。


48石のナローバゲットカット


幅広い手首サイズにフィットする41mm径のデザイン

よく見ると、ベゼルには48個のバゲットカットの石がセッティングされており、そのユニークさが際立ちます。 虹のような色のグラデーションを持つ鮮やかな石は、美的芸術と機械工学が融合した印象的な機械式時計と組み合わされています。 機械式時計+レインボーリングという、ゼニスのレインボーリングならではのデザインコンセプトで、現在も人気を博しています。


宝石が煌めく贅沢な輝きをもたらすなら、チタンケースはスポーティでスタイリッシュな若々しさを演出します。 ケースの側面にはサテン仕上げを施し、強度と耐傷性を確保するとともに、角にはポリッシュ仕上げを施して異なる輝きを持たせ、明暗のコントラストによる滝のようなビジュアルを表現しています。


また、ゼニス デフィー モデルの文字盤デザインは、通常のコレクションの透かし彫りのデザインを踏襲しつつ、ブランドの時計製造技術をアピールするためにオープンダイヤルを採用しているのが印象的です。 文字盤には星形のモチーフを配し、精緻な仕上げによって視覚的な奥行きを調和させるとともに、ゼニスならではのメカニカルな魅力を表現しています。 ルテニウムコーティングされたファセット・インデックスと針にはスーパールミノバ加工が施され、夜間でも正確な時刻を読み取ることができるようになっています。


バックトランスペアレントケースバック

内部には、スケルトナイズされた自動巻きムーブメント「エリート」を搭載しています。 シリコン製のガンギ車とガンギ車フォーク、スケルトナイズされた地板、ブリッジ、サテン仕上げの特殊なテンプを特徴とするこのムーブメントは、機械工学の現代的な美学を見事に表現しているといえるでしょう。 毎時28,800振動(4ヘルツ)の精度を誇るエリート自動巻きムーブメントは、完全に巻き上げた状態で少なくとも50時間のパワーリザーブを備えています。


ホワイトラバーストラップ、ブルーアリゲーターレザー、チタン製バックル


DefyClassicコレクションの他のカラーストラップも利用可能です。


前作のクロノグラフ レインボーに比べ、このデファイクラシック レインボー リミテッドエディションは、より繊細なディテールが施され、レインボージュエルのデザインを愛するすべての時計愛好家に向けたモデルとして、より身近な存在になっています。 両モデルとも、世界150本の限定生産です。

ゴーストキングに匹敵する性能を持つシーウルフ

ファイル 206-1.pngファイル 206-2.png

ゴーストキングに匹敵する性能を持つシーウルフ

ブライトリングの時計を2本購入してから、ブライトリングへの興味と知識が深まりました。 特に今は、北京SKP、王府井セントラル、チャイナワールドモールにブライトリングブティックがあるので、時計を見るのにとても便利です。 また、ブライトリングと遊んでいるうちに、さまざまな時計ブランドの中で、ブライトリングの時計は個性的なだけでなく、一般価格が非常に手頃な時計が多く、コストパフォーマンスが高いことも次第に分かってきました。

ブライトリングコピーの新作「アベンジャー・シーウルフ

この2年間、ブライトリングは大規模な時計のリニューアルを実施しました。 ブライトリングの新しいモデルとして、Superocean、Superocean Culture、Avengerが発表されました。 以前、スーパーオーシャンやオーシャンカルチャーのアップグレードについてお話しましたので、今日はブライトリング アベンジャーに搭載された深海潜水用シーウルフについて取り上げてみたいと思います。 ブライトリングのアベンジャーシーウルフで最も感心するのは、2万ドルを超える指標価格で、ロレックスのオートオルロジュリーDEEPSEAに近いレベルの防水性を実現していることで、これはすごいことだと思うのです。

ブライトリング アベンジャーシーウルフの防水性能は3,000mで、ロレックス ゴーストキング DEEPSEAの防水性能3,900mに直接匹敵する。

ロレックスのアクアタイマー、オメガのシーマスター300m、ブランパンのフィフティファゾムスなど、有名な時計の中でも定番のプロ用ダイビングウォッチは300mの防水深度をクリアしているのが特徴である。 主力のダイビングウォッチの中で、最も深い防水性を持つのは、3900m防水の「Rolex Ghost DEEPSEA」である。 しかし、ブライトリング・アベンジャー・シーウルフは、DEEPSEAの3,900mを真下にした3,000m防水で、価格は29,000円と、非常に「神」的な時計であると言えるでしょう。 つまり、29,000円で、時計界で最もパワフルなダイビングウォッチを購入できるのです。

ブライトリングの新作「アベンジャー・シーウルフ

新型ブライトリング・アベンジャー・ディープダイバー・シーウルフは何が変わったのでしょうか?

45mm、厚さ18.39mmと、新しいアベンジャーシーウルフは、やはり大きな時計です。 アベンジャーシーウルフは45mmと、ロレックスのディープシーゴーストの44mmより大きくなっています。 ただし、アベンジャーシーウルフはゴーストキングより少し薄めです。 新しいシーウルフは、スティールケースとチタンケースの両方が用意されており、スティールケースにはイエローディスクを採用し、通常のブライトリング イエローウルフのキャラクターを維持した組み合わせとなっています。 巨大なスチールケースにイエローのディスクは、陸上でも水中でも圧倒的な存在感を放ち、とても目を引きます。 チタンケースモデルにはDLCによるブラック加工を施し、ベゼルとケースバックにもチタンを採用しました。 ケースとベゼルには、大きなサテン仕上げを施しています。 新しいアベンジャーシーウルフは、従来と同じベゼルで、12時位置に夜光塗料付きビーズ、3時、6時、9時位置に目立つ数字が施されています。 また、ケースやベゼルのサイズを粗く大きくしたのは、手袋をしたままでも操作できるようにするためです。

ブライトリングの新作「アベンジャー・シーウルフ

新型アベンジャーシーウルフの文字盤は、かなり変わりました。 ブライトリングの新作「アベンジャー」や「スーパーオーシャン」など、この2年間は、新しいダイヤルスタイルが採用されています。 これらのモデルの多くは、従来の数字に代わり、よりシンプルな夜光のストライプのインデックスを採用しています。 ブライトリングのこれまでの数字では、数字が大きいために文字盤がやや混雑していたものもあった。 今回、ブライトリングはアベンジャーナイトミッションなど一部の新モデルにのみラージナンバーマークを残しました。 アベンジャーとスーパーオーシャンの新モデルのほとんどに夜光のロングインデックスが採用され、アベンジャーシーウルフでは文字盤の文字がシンプルになり、CHRONOMETERクロノメーター、AVENGERアベンジャー、3000m防水の文字のみが残されています。 新型アベンジャーの文字盤に施された変更は、総じて文字盤をよりシンプルに、よりクリアにすることを目的としています。

ブライトリングの新モデル「アベンジャーシーウルフ」(上)と旧モデル「アベンジャーシーウルフ」(下)の比較、ダイヤルの違いに注目。

我々は、新しいアベンジャーズは、ブライトリングの翼のロゴを使用していることに気づくことができます。現在のブライトリングのロゴの使用ルールによると、ブライトリングアベンジャーズシリーズは、21世紀に入った後に起動したシリーズとして、2001年に発足した、ブライトリングの現代シリーズに属しているので翼のロゴを使用します。 ヒストリカルヴィンテージモデルでは、別途Bロゴを使用しています。

新しいブライトリング・アベンジャー・シーウルフの文字盤は、さらにすっきりとした印象になりました。

新しいアベンジャー・ディープダイバー・シーウルフは、38時間駆動のETA 2824ムーブメントのブライトリングバージョンであるB17を引き続き採用しています。 ブライトリングが使用する2824は、クロノメーター認定を受け、日差-4/+6秒の誤差を持つ最高級ムーブメントです。 また、アベンジャーシーウルフは、ブライトリングのB01クロノグラフムーブメントとB20自動巻きムーブメント(ブライトリング版チューダーMT56系ムーブメント)以外のムーブメント(ETAムーブメント)を使用しているため、保証期間は2年です。 ブライトリングの時計は、5年保証(B20を含む自社製ムーブメント)と2年保証(ETA社製外注ムーブメント)の区別がありますので、ご注意ください。

ブライトリング アベンジャーシーウルフは、常にしっかりとしたケースバックを持ち、ブライトリング版ETA2824ムーブメントを使用しています。

ブライトリングにとって非常に興味深い状況は、ブライトリング・アベンジャー、チャレンジャー、メカニカル・クロノグラフという3つのコレクションが、プレゼンテーションにおいて非常によく似ているということです。 どれも同じ形のベゼルを使っているため、ブライトリング・アベンジャーなのか、他のコレクションなのか、すぐに分からなくなってしまう選手もいるようです。 最も簡単な見分け方は、アベンジャーコレクションでは手榴弾型になっているリュウズを見ることです。 アベンジャーの王冠は、手榴弾をイメージした四角い盛り上がりが特徴です。 この形状はアベンジャーズのみが使用し、リュウズを見ればアベンジャーズが一目でわかるようになっています。

上から順に、新型アベンジャーシーウルフ、メカニカルクロノグラフ、チャレンジャーの3つのコレクションは外観が似ていますが、アベンジャーのリューズが大きな識別点であることに注目しました。

ブライトリング アベンジャーシーウルフは、スチールケースが29,000円、チタンケースが34,000円で、ラウ、ユーロ、プジョー、ジャガー・ルクルト、ヴァンガード、カルティエ、GO、ゼニスといった国内主力時計ブランドのスポーツウォッチの中では、29,000円と非常に手頃な価格帯に位置しています。 有名時計と同クラスのスポーツウォッチの中で、ブライトリングのスポーツウォッチは、スタート価格が最も低く、同時に性能もそこそこ高い。 ブライトリングはエントリーモデルに外注のETAムーブメントを使用していますが、こちらは1つがお手頃価格、1つがブライトリングのフルクロノメーター認定で、時計は底なしなので、ブライトリングのエントリーモデルにETAムーブメントを搭載しても何も問題はないでしょう。

ブライトリングの新作「アベンジャーシーウルフ」は、チタンケースとデジタルアワーマーカーダイヤルを採用した「ナイトミッション」バージョンです。
https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-13.html
以前、アメリカではロレックス、オメガに次いでブライトリングが3番目に人気があることを知りましたが、ここ数年、中国でもブライトリングの人気が高まっているので、ブライトリングの時計も試してみてはいかがでしょうか?

ページ移動