記事一覧

名建協の総会が開催されました

令和4年5月26日、名建協の定時総会が3年ぶりに対面により開催されました。高山進会長の再任も含めた役員改選などすべての議案を全会一致で可決して無事総会を終了したのち、河村名古屋市長はじめ市幹部や市会各党の代表ならびに協会顧問・友好団体の皆さんなども交えて、総会記念懇親会が開催されました。
徹底した感染防止に努めた会場では、久しぶりの再会を喜ぶ会員の姿や市幹部などとの静かな意見交換の様子を見ることができました。
総会を機に今年度も会員の技術の研鑽に努めると共に、市と名古屋市民の皆さんのお役に立てるよう活発な協会活動を進めていく決意を新たにしました。

久しぶりの対面による総会の様子
ファイル 241-1.png
ファイル 241-2.png

懇親会冒頭の高山会長挨拶
ファイル 241-4.png

河村市長の来賓挨拶
ファイル 241-3.png

第93回ボランティア活動レポート 

2022年6月4日8時15分から、中区三の丸と前津通りで名建協の第92回ボランティアを行いました。集合は名建協前の久屋大通公園です。大島環境委員長の挨拶に続いて今回担当の(株)水野工務店の林さんから説明を聞いて出発。
朝のうちは人通りも少なく、気温もまだ暑くならず、そよ風も心地良かったです。

ファイル 239-1.jpg
大島委員長あいさつ

ファイル 239-2.jpg
林委員説明

ファイル 239-3.jpg
久屋公園から出発

私が参加した第3班は市役所と県庁の間の官庁街が担当エリアですが、今回は歩道のゴミが少なめでした。ただ歩道わきにあるベンチ公園はたばこの吸い殻と空き缶、ペットボトルが大量に捨ててありました。場所柄、周辺で働く人がベンチで缶チューハイを飲んだり、同じ吸い殻を何十本もポイ捨てするなどは考えにくいので、おそらくホームレスの人などが長時間滞留していたのだと思われます。1時間ほどゴミ拾いを終えて、集合場所に戻ると、陽も強くなり、いつの間にか汗だくになっていました。

ファイル 239-4.jpg
丸の内へ向かう

ファイル 239-5.jpg
県庁前植え込み

*
官庁街

*
公園のベンチのゴミ吸い殻

*
ベンチの下も吸い殻だらけ


また、4班・5班の皆さんは特に前津通の中央分離帯のゴミ拾いをやってもらいました。仮説トラックを停めてヘルメット装着でハードなゴミ拾いです。皆さん本当にお疲れさまでした。

*
ゴミ集積

[名建協環境委員・加藤建設株式会社 野中賢輔]

2022年も「なごや環境大学」共育講座を開催します

毎年好評を博している名建協による「なごや環境大学」共育講座。
今回も「なごやの建設屋さんとエコアクションを体感しよう!」と題して、普段入ることがない建設現場の裏側を見学いただいたり、流域交流の一環としての岐阜県加子母・中津川へのバスツアーなどが催されます。
1回目工事現場見学の日程が決まりましたのでお知らせします。

開催日時:令和4年7月2日(土)午前8時30分~正午
現地滞在時間:午前9時~11時30分
参加人数:最大25名
工事名:市道千音寺線第1号外1路線道路改良工事(その2)
場所:名古屋市中川区富田町千音寺地内

受講を希望される際には、お手数ですが事前に名建協得事務局(052-971-1901)まで問合せていただけると幸いです。

※なごや環境大学HPよりお申込みが出来ます。(画像をクリックしてください)
ファイル 238-1.jpg

第92回ボランティア活動レポート

2022年5月7日8時15分から、山崎川で名建協の第92回ボランティアを行いました。今回は特定外来生物「オオキンケイギク」の駆除活動です。今回も瑞穂土木事務所の山根英雄所長が朝礼で激励に来てくれました。「3月にも花見シーズン直前に山崎川のゴミ拾いをしていただきありがとうございました」とのこと、所長にはその後の駆除活動にもご一緒していただきました。また今回はなごや生物多様性保全活動協議会(略称なごビオ)有志の5名にも参加いただきました。みなさんありがとうございます。

ファイル 236-1.jpg
朝礼

ファイル 236-2.jpg
山根所長

ファイル 236-3.jpg
なごビオの皆さん

ファイル 236-4.jpg
作業開始

ファイル 236-5.jpg
市民告知の張り紙

*
オオキンケイギク

オオキンケイギクは戦後アメリカから輸入して緑化工事に多く使われましたが、その工事には私たち建設業界も深く関わっています。繁殖力が非常に強く、草原などの場所を占領して在来植物が衰退する一因と見なされたため、2005年に外来生物法により「特定外来生物」に指定され輸入や販売は禁止されました。山崎川河川敷にも多数繁殖し、人手によって駆除しないとさらに増えると思われるので、今回名建協で駆除活動を行うことにしました。

*
崖っぷち

*
見分けて抜く

駆除活動は根堀ガマを使って根ごと掘り出し、ボランティア袋に入れ込みます。山崎川の河川敷は急斜面や崖も多いため、みんなで注意して約1時間抜き取り作業を行いました。ボランティア用ゴミ袋40袋分になりました。皆さんゴールデンウィーク中にも関わらず、本当にお疲れさまでした。

*
根堀ガマ使う

*
なごビオのベテラン

*
成果40袋

[名建協環境委員・加藤建設株式会社 野中賢輔]