記事一覧

運営する農園でサツマイモの収穫体験会を開催

当協会が10年前から運営する名古屋市内の天白農業センター内の農園で10月22日(土)午前、地元の平針学区子ども会の親子をはじめ約150名が参加して「サツマイモの収穫体験会」が開催されました。
秋晴れに恵まれたこの日、今春に子ども会の役員と農園で活動する「野良サポーター」達が苗植えをして大切に育ててきたサツマイモを子どもたちは歓声を上げながら一生懸命掘り起こしていました。
子どもたちを引率してきた役員の女性は「土に触れる機会も少ない都会の子どもたちにとって得難い経験になった」と笑顔を見せていました。
この日は愛知県警察本部少年課の係員も少年の居場所づくり支援活動の一環として参加。「活動をご理解いただき、名古屋建設業協会の皆さんには感謝しています」と語されました。
名建協の会員有志と共に農園を運営する野良サポーターのリーダーは「サツマイモが思った以上に豊作で参加者に喜んでもらえてよかった。この農園の活動をこれからも継続していきたい」と元気に話してくれました。

ファイル 247-1.png

ファイル 247-2.png

「環境デーなごや」にブース出展しました

9月17日に「環境デーなごや2022」が開催されました。
過去2年間がコロナウイルス感染対策のため「おうちで環境デー」開催でしたが、今年は3年ぶりに名古屋市都心の「久屋大通公園」での開催となりました。
長年にわたる名古屋市との協力関係の一環として、今回も名建協にてブース出展しました。

ファイル 246-1.jpeg


ファイル 246-2.jpeg

今年の名建協ブースでは「環境クイズ」と「コスプレ写真撮影」をしました。

ファイル 246-3.jpeg

用意していた記念品もあっという間になくなるほど、たいへん多くの来場者の方々に参加していただきました。
クイズを通じて楽しみながら、環境に配慮した建設業者の活動を知っていただけたかと思います。

第95回ボランティア活動レポート

2022年10月15日8時30分から、JR大曽根駅周辺で名建協の第95回ボランティアを行いました。秋晴れの絶好のゴミ拾い日和に140人が集まりました。。
朝礼には東土木事務所の保田佳彦所長が激励に来ていただきました。昭和土木株式会社の土田さんから注意事項を聞いて出発します。

ファイル 244-1.jpg
朝礼

ファイル 244-2.jpg
保田所長

駅前は大変ゴミが多かったですが、私達3班が向かった森下駅~オズモール方向はあまりゴミが多くなかった印象です。いつも通り、コンビニ前、植え込み、バス停、ベンチ下、を重点的に拾っていきました。今回気になったのは、商店街内の児童公園のベンチ回りに口紅の付いた吸い殻が多かったことです。子供を遊ばせに来たママさん達なのかなあ。子供たちの遊ぶ遊具の周りでタバコをポイ捨てする行為はちょっと残念に思いました。

ファイル 244-3.jpg
コンビニ前

ファイル 244-4.jpg
植込み

ファイル 244-5.jpg
バス停

*
ここから分岐

*
商店街へ

*
側溝には捨てやすい?

*
児童公園のベンチにも

*
集積

1時間ほどの活動で、ゴミ袋25袋ほどのゴミを収集できました。名建協の皆さん、お疲れさまでした。

[名建協環境委員・加藤建設株式会社 野中賢輔]

第94回ボランティア活動レポート

2022年8月6日8時30分から、平和公園で名建協の第94回ボランティアを行いました。集合はメタセコイヤ広場駐車場で140人が集まりました。猛暑の合間の曇天だったので気温は31度ほどだったのが救いです。それでも十分暑いけど。高山会長の挨拶に続いて今回担当の大島造園土木の松川さんから説明を聞いて、お茶と塩飴をもらって出発。

ファイル 242-1.jpg
朝礼

私が参加した第3班は墓地の中の細い道が担当ですが、今回は歩道も側溝もゴミが少なめでした。お盆前のタイミングでどこかのグループがゴミ拾いした直後だったのかもしれません。短い吸い殻が同じところに多数捨ててあるのは、車の灰皿を道端に開けて捨てていく人がいるのでしょうか。だとしたら霊の眠る墓地でひどいことです。1時間ほどゴミ拾いを終えて、集合場所に戻ると、汗だくで結構消耗していました。

ファイル 242-2.jpg
参道端の茂み

ファイル 242-3.jpg
側溝

ファイル 242-4.jpg
灰皿を捨てたのか

ファイル 242-5.jpg
歩道の植え込み

*
中間で合流

*
みんな頑張った

*
ゴミ袋集積

*
集積車


皆さん暑い中のボランティア、本当にお疲れさまでした。

[名建協環境委員・加藤建設株式会社 野中賢輔]