記事一覧

第82回ボランティア活動レポート

2020年8月1日に平和公園の霊園内を中心に清掃活動を予定通り行いました。
まだまだコロナの感染は終わっていないので、140人がマスク着用で密集にならぬよう気を付けながら集合。朝礼も手短に終えて、各班の割り当て地域を短時間で集中して、ゴミ拾いしました。

ファイル 208-1.jpg
朝礼

ファイル 208-2.jpg
大島委員長

活動中も会員同士が集まらないように適度に間をあけます。ただ、気温が30度以上あるので熱中症予防ため、作業中は各自の判断でマスクを下ろしたりします。

ファイル 208-3.jpg
作業開始

霊園内のゴミの量は例年より少ない感じですが、ある所には酒ビンやビール缶などがまとめて捨ててあります。誰か墓地で宴会でもしたのでしょうか?

ファイル 208-4.jpg
ゴミは少なめか?

ファイル 208-5.jpg
茂みの中の空き缶

ともかくお盆の時期前にお墓まわりをきれいにできてよかったです。みんな暑い中、お疲れさまでした。

*
アスファルトが暑い

*
側溝に大量の酒ビン

集合場所に戻ると冷たい麦茶が用意されていました。幹事さんごちそうさまでした。

*
作業後の冷たいお茶

[名建協環境委員・加藤建設株式会社 野中賢輔]

第81回ボランティア活動

2020年6月6日に中区前津通で清掃活動をする予定でしたが、コロナウィルス予防のため中止しました。

第80回ボランティア活動

2020年5月9日に山崎川河川敷でオオキンケイギク駆除作業を行う予定でしたがコロナウィルス予防のため中止しました。

野良サポーターと協働作業を行い、特製エプロンを贈呈しました

ファイル 207-1.png

7月10日、名古屋市農業センター(天白区)から貸与された市民農園試行地で野良サポ―ターの愛称で活動する市民ボランティアの皆さん14名と協働して、農園活動を行ないました。
梅雨の晴れ間となったこの日、名建協側は企画委員会の近藤委員長(協会副会長・東海建設社長)を中心に農園周囲の除草活動を行い、14名の野良サポーターは畑の除草を行ないました。
活動後には近藤委員長から「日頃から名建協の市民農園試行事業にご協力いただき、ありがとうございます。」との感謝の言葉と共に、イベント時などに身に着ける特製の赤いエプロンを全員に贈呈しました。
野良サポーターのリーダーからは「楽しみながら農園活動に取り組んでいます。農業センターの事業に連携した活動や地元子ども会の収穫体験などを通して、名建協の存在をアピールしていきます。」と力強いお礼の言葉がありました。

ページ移動